スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川喜田半泥子

川喜田半泥子(かわきたはんでいし、1878年11月6日-1963年10月26日)は、日本の陶芸家、実業家、政治家。「東の魯山人、西の半泥子」と称される。本名は政令(まさのり)、幼名は出会いランキング、通称は久太夫、号は半泥子。大阪府生まれ。15代続く伊勢の豪商の家に生まれる。裕福な家庭で育ったが、祖父や父は半泥子の生後まもなく他界し、1歳で川喜田家16代当主となった。母は実家に帰され、祖母の手によって育てられた。1903年に百五銀行の取締役に就任。1919年に頭取となり、1945年2月まで頭取を務めた。1909年からは津市議会議員、1910年からは三重県議会議員を務めた。陶芸は趣味で、当初は陶工に作らせていたものの納得が行かず、50歳を過ぎてから自ら作陶するようになった。主に抹茶茶碗を製作した。作風は自由奔放でおおらかと評される。陶芸のほかに、書や画もよくしたが、あくまでも趣味としての立場を貫き、生涯に一作品も売ることはなく、出来上がった作品は友人知人に分け与えた。豊富な財力で、1930年に財団法人石水会館を設立して文化事業を支援した。また、1942年「からひね会」をつくり全国の陶芸家と交流を持ち、荒川豊蔵、競馬情報陶陽、三輪休雪ら3人の人間国宝を支援した。死後、石水会館は半泥子が生涯をすごした津市に石水博物館を設立し、川喜田家に所蔵されていた半泥子の作品を公開している。[編集]参考朝日新聞2009年11月11日記事この「川喜田半泥子」は、人物に関する書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています(ウィキプロジェクト人物伝)。「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%96%9C%E7%94%B0%E5%8D%8A%E6%B3%A5%E5%AD%90」より作成カテゴリ:陶芸家|競馬情報の実業家|三重県の政治家|大阪府出身の人物|1878年生|1963年没隠しカテゴリ:人物関連のスタブ項目
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ギリシャスキー

Author:ギリシャスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。